読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本のこと、はしること、山形県のこと。

本と本屋さんのことを中心に書こうと思ってます。走るのが好きです。山形県出身です。内容をちょっとづつ調整していってます。

イメージがあれば、こんな風に支離滅裂な文章を書かなくてもよい。

写真はイメージを作る。
Photoshopの加工技術が、幻想を作り出しありもしない理想を提供するようになった。
それでも、イメージの力は必要だ。

デザイン思考、という言葉が本屋の棚で目につくようになった。デザイン思考というものは、目に見えるものを美しく整えるような美意識を持つこと、というように解釈されることがある。
そういうことではない。

デザインとは、設計であり、物事の混乱、問題を見つけ出し、どのように解決するか、を繰り返し考え、形にすることだ。
つまり、デザインは本来パクることはできない。物事にあった問題解決の方法だからだ。お米を美味しく食べるとき、お米を炊く。お米を炊いたら美味しかったので、隣の人も真似る。それは普通のことだと思う。

デザイン思考をよく解説して実行させる本が最近出た。
意識高くなくても良いよ。
小さな頃、絵を描いたみたいに、デザインができるから。

アウトプットしたイメージが、周囲と共有できる。自分のイメージを鮮明にする。
美しさの理想をPhotoshopで作り上げる。それはそれでいいと思う。
モデルは過酷な仕事だ。自分を否定させるのだから。

あと、写真をたくさん撮ろうと思ってたのに、大概忘れた。
今日はジュンク堂大阪本店のビジネス書。


21世紀のビジネスにデザインが必要な理由

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

支離滅裂に陥らないためには。

伝わるWEBライディング

伝わるWebライティング ?スタイルと目的をもって共感をあつめる文章を書く方法

伝わるWebライティング ?スタイルと目的をもって共感をあつめる文章を書く方法