読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本のこと、はしること、山形県のこと。

本と本屋さんのことを中心に書こうと思ってます。走るのが好きです。山形県出身です。内容をちょっとづつ調整していってます。

サン&リブと『おみやげのデザイン』

今週のお題「おすすめの手土産」


もう、今週のお題、行ってみたい時代は、先週のお題になったんだ。
先週へ戻りたい。

手土産、というよりお土産の方が僕にとっては心地が良い。たいてい山形へ帰る時くらいしか手土産を持っていかない。

でも、上京して10年経た頃から、手土産を持っていかなくなった。
手土産を持ち、仏壇に供える。線香をあげる。祖母は会うたびに惚けていく。父と母は老いていく。姉の子供たちは6人いて、帰省するたびに増える。僕はお客様で、茶の間で寝転がっていても何も言われない。高校までは、手伝えとか、片付けろ、とか口うるさかったのに。
それがつらくて、手土産を持ってかなくなった。僕は、身内だ、と主張したいのだろうけど、認められない。

本来なら、贔屓にしているところのものを手土産にすべきなのだろう。安くても、小さなものでもいい。自分が愛しているものを、お口に合いますかどうか、とお持ちすることがいいのだろう。

そんな風流な生き方をしてこなかったし、高校までは山形、大学は福島、就職は東京、と断続的な場所で貧しく生きてきたから、贔屓にしてるお店を作れていない。

1年前くらいだろうか。おみやげのデザイン、という本を出した。
かわいいパッケージやグラフィックデザインの優れたおみやげを扱う、デザインの事例集だ。
少々高いけどよくできている。かわいいパッケージや特徴的なビジュアルデザインが施された、ちょっと変わったおみやげがたくさん載っている。

あの子にはこれを買って行ったら喜ぶだろう、とか、あの子にはこれだな、とか、ページを開くたび、キャーキャー言われるイメージが容易に浮かぶ。

山形のおみやげ品は、
サン&リブの山形代表や
アカオニデザインがデザインした、
イナゴふりかけなんかが載っている。
サン&リブは実家から自転車で10分、最寄りのコンビニのすぐ近くなので、なんだか誇らしい。
最近は東京にも売っているので、手土産にしてる。

その流れでいっそ、山形のおみやげを実家に持って行こうかな。

おみやげのデザイン―Package design for food gifts in Japan

おみやげのデザイン―Package design for food gifts in Japan