読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本のこと、はしること、山形県のこと。

本と本屋さんのことを中心に書こうと思ってます。走るのが好きです。山形県出身です。内容をちょっとづつ調整していってます。

高校時代の思い出と『ウルトラマラソン』

山形に帰ってきた。
友人の結婚式に出ると、昔のことばかり思い出す。

陸上部だったころ、毎日走っていた。学校へ行って走り、家に帰って走った。
休みの日は、部活が終わった後、よく家の近くを走った。

当時は、箱根駅伝に出たくて、箱根の山を走りたかった。
だからよく、山の中を走った。



高校時代、全然足が速くなれず、ウルトラマラソンを走りたいと思うようになった。ただ、ただながく走る競技。

高校を卒業して、大学は走ることだけをした。競技がつらくなった。
ながく、ながく走るようになった。

家の棚には、高校時代に買ったランニングの本がちらほらある。窓社から出ている『ウルトラマラソン』という本に憧れてた。

調べたら、日本で初めて出版されたウルトラマラソンの本らしい。そうだよね。15年前、ウルトラマラソンなんて、間寛平以外、日本で注目されてなかったもん。

窓社は写真集を多く出版している。
面白そうな出版社だった。窓社すげー。
東京へ帰ったら連絡してみようかな。



ウルトラマラソン―人はどこまで走り続けられるか (WINDOW SELECTION)

ウルトラマラソン―人はどこまで走り続けられるか (WINDOW SELECTION)

  • 作者: 西村正和,津川芳己,森川清一,山西哲郎,吉川節郎,遠藤栄子,村松達也
  • 出版社/メーカー: 窓社
  • 発売日: 1992/06
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る