読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本のこと、はしること、山形県のこと。

本と本屋さんのことを中心に書こうと思ってます。走るのが好きです。山形県出身です。内容をちょっとづつ調整していってます。

あなたと僕は無関心なまま、きっと互いの欠如したものを満たしている


7月20日にリブロ池袋本店が閉店する。

山形から上京してきて、初めて住んだのは、西巣鴨だった。都電荒川線なら、庚申塚になる。風呂なし、トイレ共同だった。
大学を卒業してから上京したので、友人は一人もいなかった。
定職に就かず、アルバイトとパチスロばかりしていた。

西巣鴨から池袋まで、自転車で10分くらいだった。バイト先も、よく行くパチンコ屋も池袋にあった。
毎日、池袋に通っていた。

その頃、すでに芳林堂はなく、パルコブックセンターはリブロになっていた。
ジュンク堂池袋本店の在庫量に驚き、理解不能に陥る。
その正面にリブロ池袋本店はある。
リブロ池袋本店は西武デパートの中にある。

池袋西武デパートはすごかったんだろうな。
アート専門書店NADiffの前身、アールヴィヴァンも西武デパートにあった。
今はもうない、詩書専門店ぽえむ ぱろうるも西武デパートにあった。
その栄華をもう知ることはできない。
西武ライオンズだって強くないし。

2階芸術書売り場でぱろうるが期間限定復活している。リブロ池袋本店閉店に際してのフェアだ。
かつての残り香が少しだけ感じることができるんだろうか。以前を知らないから、よく分からない。

でも、こんな風に詩集が並ぶのは、気持ちがいい。

f:id:isaoand:20150608221850j:image

しかし互いに
欠如を満たすとは思いもせず
知りもせず、知らされもせず
ばらまかれているもの同士
無関心でいられる間柄
そのように世界が構成されているのは
なぜ?
「生命とは」吉野弘

インターネットが無関心を非難する。お互いに繋がりあうことを強要することもある。このサイバー空間にもいずれ生命らしきものは生まれると思う。いや、もう生まれているかもしれない。

ある時、あなたのために、僕はインターネットを開き、
ある時、僕のためにあなたはスマートフォンを見る。

それから、僕は本屋へ向かい、
たくさんの本の中から、何かを見つける。
TOEIC対策の本でも、ピケティでもない。村上春樹でも、片付けの本でもない。仕事術でも、エクセルの本でもない。

着まわしの本も通り抜けて、吉野弘の詩集と出会う。

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)