読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本のこと、はしること、山形県のこと。

本と本屋さんのことを中心に書こうと思ってます。走るのが好きです。山形県出身です。内容をちょっとづつ調整していってます。

京都と言えば「檸檬」しか思い出せない、シンプルな脳細胞。

京都へはやってきたけど、それだけ。

丸善京都店が閉店して、10年くらいかな。就職した年と同じ年だったと思う。

得体のしれない不吉な塊に終始押さえつけられ、河原町、四条、四条烏丸烏丸御池、の四角いエリアを一歩も出ることなく、くるくると回っていた。まるで、見えない境界がそこにあったかのように。

そういえば、W.Gゼーベルトの短編の冒頭にそんな話が書かれていた。あれは、「目眩まし」の中の一つだったと思う。
憂鬱な思いに耽る主人公は、パリの街の決められた区域だけを何日も歩いていた。

丸善の屋号で京都に本屋ができる。
BALの中になるだろう。
そのことを知ってからは、梶井基次郎の「檸檬」のことばかり考えている。

山積みの本の上に、檸檬を置く。
大正14年に仕掛けられた爆弾が、平成17年にあの気づまりな丸善を木っ端微塵にしたのだか、10年もあれば僕らは再生する。

ふたば書房+マルイ京都店へ行くと、昔からお世話になっている方々に歓待された。人と人のつながりは素敵だ。
あの得体のしれない不吉な塊を追い払い、檸檬の爆撃から身を守ってくれる。

もうすぐ名古屋へ着く。

f:id:isaoand:20150528212914j:image

f:id:isaoand:20150528213252j:image

f:id:isaoand:20150528213321j:image

f:id:isaoand:20150528213302j:image

檸檬 (角川文庫)

檸檬 (角川文庫)

目眩まし (ゼーバルト・コレクション)

目眩まし (ゼーバルト・コレクション)