本のこと、はしること、山形県のこと。

本と本屋さんのことを中心に書こうと思ってます。走るのが好きです。山形県出身です。内容をちょっとづつ調整していってます。

『習得の情熱』と夏の日のプール

得難い体験がある。 自意識に酔いしれること。偉大な詩人であるかのように、言葉を紡いでいた時、それは喜びだった。 他者の評価を気にすると、詩は苦痛に満ちた。表現は陳腐で経験は未熟だった。詩は変哲も無いガラクタなようなものだったが、それは他者の…

『カバンの中の月夜』とリブレット千種店とtales of the new age

呟くような声、嘆く歌。囁くように語り出し、メロディを作る。とても単調な。Tales Of The New AgeShe Talks Silenceオルタナティブ¥150provided courtesy of iTunes 愛を忘れた私は、愛せない恋人の耳元で、おはようと歌う。快楽よりも依存に近い。抜け出そ…

『バカはサイレンで泣く』と岩瀬書店富久山店

ここは、大宮でも福島でもない。新幹線で北上する。窓際の席で息子が折り紙をしている。 体調が良くなく、身体中の神経が軋んでいる。寒気らしい寒気はない。駅で買った、缶コーヒーが美味しかった。新幹線のホームにいた駅員に、次の新幹線の発車時刻を聞い…

『ある夢想者の肖像』と誠光社

恵文社一乗寺店で店長をしていた方が、丸太町に本屋を開いた。 屋号は誠光社。お店は河原町通りと丸太町通りの交差点の近くにある。大通りから一本入った通りにあった。夕暮れとも夜とも言えない時間、その界隈は光が落ち、薄暗かった。 人通りも決して多い…

『泳ぐのに安全でも適切でもありません』とMARUZEN&ジュンク堂梅田店

形容詞なんてなくていい、とある人は言った。レトリックは世界を真実から隠している、とその人は考えているのだろうか。形容することを嫌っていた。目の前には揚げた魚がいる。三切れ。白い衣を薄くつけている。今にも崩れてしまいそうなほど繊細な輪郭は、…

『歯車』と山下書店原宿店

週末、頭が痛かった。 上京してから、偏頭痛の癖がついた。そんなに頻繁ではないが、偏頭痛の痛みは気が狂いそうになる。北側の部屋は光が遮られている。 窓の隙間からわずかに見える空は、青く澄んでいる。東京の冬の空だ。 部屋の空気が澱み、悪夢を見そう…

『長距離走者の孤独』と森の図書室

ライフスタイルの中で、書く行為、読む行為を忘れてしまうことがある。月の定例で読書会を開くことになった。2回目を28日に予定した。予定した方が悪いのだが、多くの人に予定が入っていて、誰も集まらない。誰もいないのなら一人で読書会をしてもいい。ずっ…

『オルフェオ』とエムズ書店みたけ店

ようやく、書き出せる。マジックリアリズムによる呪いが、ブログを開かせる手間をかけさせた。帰宅途中、江田駅に着いた時、リチャードパワーズのオルフェオを閉じた。はじめの45ページで、最後を想像することをやめる。表周りに書かれた説明も、推薦分も飾…

サン&リブと『おみやげのデザイン』

今週のお題「おすすめの手土産」 もう、今週のお題、行ってみたい時代は、先週のお題になったんだ。 先週へ戻りたい。手土産、というよりお土産の方が僕にとっては心地が良い。たいてい山形へ帰る時くらいしか手土産を持っていかない。でも、上京して10年経…

『ノルウェイの森』と『ノルウェーの森』

村上春樹は、僕、と言う。その主語を見つけた上野千鶴子は、男性の悪びれない二面性に嫌悪を示した。なんの本で読んだのか、もう忘れてしまった。ハルキストへ向かう途中、僕は彼女の言葉にハッとした。 僕は、文字にするとき、僕、という言葉を選ぶ。そして…

Halloween party と『CuiCuiの植物で楽しいハンドメイド』

恵比寿に会社があって、会社がイベントスペースを持っている。 Kusakanmuriという花屋もしている場所で、出版記念などもしたりする。今年の4月に出版した、『Cui Cuiの植物で楽しいハンドメイド』の著者、そのまんまだけど、Cui Cuiさんが結成5周年のHallowe…

6次元と『ポアンカレ予想』

6次元へ山形ナイトのイベントに行った 山形に関係する人がたくさんいた。 多くは庄内地方の方で、僕はぼんやりと池田久美子のことを思い出していた。池田久美子は山形県酒田市出身の陸上選手だった。彼女はすでに引退した。僕は山形県米沢市で陸上部をしてい…

書肆ひぐらしと『私の個人主義』

御茶ノ水駅のすぐそばに、日本出版販売という会社があって、新刊を全国へ流通させるためにそこへ行く。 新刊3タイトルを登録し、神保町の方へ緩やかな坂道を下る。小川町の交差点をまっすぐ進み、少し行ったところで右に曲がる。二番目の交差点を左へ曲がる…

インターネットと『スペキュラティブ・デザイン』

池袋駅から川口駅に向かう途中、ふと昔一緒に働いていた子のことを思い出した。彼女と知り合ったのは10年前だった。この10年で世界は変わった。インターネットは得体の知れないものになり、メメックスやWWWに興奮していたことさえ忘れてしまっている。 僕は…

YouTubeと『映像作家100人』

大宮まで、本屋へ、営業に行った。 うまく、時間が、使えなかった。 カバンに入れた、トーマス・マンの『トニオ・クレーガー』を電車の中で読んだ。大宮から会社へ戻る。18時を過ぎていた。会社に戻ると、『映像作家100人2015』を本棚から持ってくる。彼らの…

太陽と星空のサーカスと『星の王子さま』

息子が保育園で最後の運動会を終えた。最後の運動会だった。担任の先生に金メダルを貰った。彼はそれを一日中つけていた。昼ごはんを食べている時も、トランプをしている時も、絵を描いている時も、夜ごはんを食べている時も。 あまりにつけているので、ごは…

父親の記憶と『明るい部屋』

父親は、土建の仕事をしていた。 毎日夜遅かった。だいたいお酒を飲んで帰ってきた。今では考えられないが、みんな飲酒運転をしていた。父親は、泥臭くて、セメントくさくて、加齢臭で、タバコ臭くて、酒臭かった。臭いのない父親のことは知らない。今日、恵…

フジファブリック『若者のすべて』と川内倫子『花火』

記憶の中で一番古い花火大会は、山形県朝日町の上郷ダムの花火大会だ。その花火大会では、最後のクライマックスにナイヤガラの滝がダムいっぱいに打ち下ろされ、5尺玉が盛大に打ち上げられる。それは、お決まりだった。小学校くらいにその花火大会は終了し…

青山ブックセンター本店と『現代写真論』

青山ブックセンターへ行くのは、いつも楽しみだ。買うものを決めて伺い、買うものを買って帰る。Amazonで買えばいいじゃないか、という人もいる。でも僕はそんなもったいないことをしない。欲しい本がどこに置かれてるか、見にいく。今号の+81を買おうと思っ…

ウィークエンドのブックエンドと『THE BOOKS 365』

本が好き、と言うだけで話が止まらなくなる。金曜日、堀江敏幸さんが好き、と言われときめき、土曜日、梶井基次郎の『檸檬』が好きと言われ興奮し、吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』が好きと言われ感嘆し、エンデの『モモ』で本が好きになったと言われ…

かもめブックスと『2666』

まだ、かもめブックスができてなかった頃、『2666』を教えてくれた店員さんがいた。 かもめブックスができるタイミングで、彼女はかもめブックスに転職した。 ジャン=クロード・ペルチエ素子が、初めてベンノ・フォン・アルチンボルディ劇場に設置されたのは…

ジュンク堂池袋本店と『Processing』

2001年MITメデイアラボで、Processingは開発された、プログラミング言語であり、統合開発環境である。開発者はケイシー・リースとベンジャミン・フライの二人だった。Processingは、アーティストやデザイナーのために開発されており、難解なブログラミング言…

遅筆堂と『居ごこちのよい旅』

山形から神奈川へ帰る日、川西町にあるフレンドリープラザによった。 そこには、井上ひさしの蔵書が置かれた図書館、遅筆堂文庫がある。 5月だっただろうか。BOOK BOOK OKITAMAという本のイベントで知り合った方が働かれてる。 機会があえば伺おうと思ってい…

高校時代の思い出と『ウルトラマラソン』

山形に帰ってきた。 友人の結婚式に出ると、昔のことばかり思い出す。陸上部だったころ、毎日走っていた。学校へ行って走り、家に帰って走った。 休みの日は、部活が終わった後、よく家の近くを走った。当時は、箱根駅伝に出たくて、箱根の山を走りたかった…

石川啄木と東北、アンジェビュロー上野店

ふるさとの 訛りなつかし 停車場の 人ごみの中 そを 聴きにゆく 《石川啄木》山形へ帰ります。 上野です。 エキュートはまだ閉まっていて、誰もいない。 アンジェビュロー上野店は、アンジェの中で一番売上がいいらしい。明正堂アトレ上野店は坪単価の売上が…

メトロ書店と『Design Rule Index』

先日、長崎にあるメトロ書店---本の情報満載---Metrobooksさんのメトロニュースに稚拙な文書ですが寄稿しました。メトロ書店にはまだ伺ったことがない。噂は聞いている。先日、福岡にもご出店された。メトロニュースは各出版社の営業、編集問わず紹介づてで…

『ミナペルホネン?』と恵文社一乗寺店にまつわる京都の本屋

『ミナペルホネン?』を発売した時、京都にある恵文社一乗寺店でイベントをした。今はcottageとしてイベントスペースをしっかり作られているが、当時はまだなかった。 恵文社一乗寺店の隣にある外のスペースを使わせてもらった。 外から漏れて聞こえるバイク…

NABO.BOOKSと『よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし』

ゴールデンウイークに家族で上田へ遊びに出かけた。 朝の早い時間に出かけたので、1日を満喫できた。上田にあるNABO.BOOKSへ行った。 もともとamazonで売っていた古本屋だったらしい。今でもamazonで本を売っている。 数年前から店舗を持ち、カフェ兼古本屋…

森岡書店と『荒野の古本屋』

山形県の集まりに出かけた。 いろんな事をしている人がいる。そんな方たちと出会い、話すだけで楽しい。今、銀座に一冊だけの本を売る本屋がある。森岡書店。 店主は山形県出身で、著書もいくつかある。 その中でも、晶文社から出ている『荒野の古本屋』が面…

大学の先生と谷崎潤一郎

今週のお題「思い出の先生」7月24日に生まれた。 芥川龍之介が自殺した日、河童忌と言われている。 アレクサンドル・デュマと吉本ばななと谷崎潤一郎が生まれた日だ。大学のとき、1クラスしか受けてなかった女性の先生に話の流れでそのことを伝えた。 へー、…

旭屋なんばCITY店と『平行植物』

旭屋書店なんばCITY店へ行ってきた。もしも、本が存在しなければどうなっていただろう。視覚優位な世界は、もっと触覚や聴覚、臭覚や味覚の何かが優位になっていたのだろうか。 豊かな彩りと引き換えに失ったものは、なんだったのだろう。光を媒介した時、失…

KuLaSu season なんばパークス店と『走ることについて語るときに、僕の語ること』

旭屋書店KuLaSuなんばパークスに伺った。ウルトラトレイルランをしている人がいる。今度UTMFに出場するらしい。走ることについて話すときに僕らが話すことを書こうと思う。走り始めたら止まりたくない。山の頂上では空気が薄く、肌寒い。 山の斜面は急で歩く…

MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店と『泳ぐのに、安全でも、適切でもありません』

MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店の方とお酒を飲んだ。 酔鯨を出してくれる、くじらの店だった。 日本酒は好きだが、飲むのに、安全でも適切でもない、月曜の夜に飲んだ。翌日、予想を覆して二日酔いの頭痛も腹痛もなかった。 MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店へ営…

丸善 京都本店と『スローカーブを、もう一球』

先月丸善京都本店がオープンした。先月といえば、8月。夏だ。京都市内は、山で囲まれた盆地になっている。京都の夏は暑い。街からは山の斜面が見える。空と山を分ける緩やかな山の曲線が、曇り空の京都に描かれている。 スローカーブを投げる時の自分をイメ…

イメージがあれば、こんな風に支離滅裂な文章を書かなくてもよい。

写真はイメージを作る。 Photoshopの加工技術が、幻想を作り出しありもしない理想を提供するようになった。 それでも、イメージの力は必要だ。デザイン思考、という言葉が本屋の棚で目につくようになった。デザイン思考というものは、目に見えるものを美しく…

髪とふたば書房と私、愛するあなたのため毎日は通えないけど、時々本を買ってね

京都のふたば書房プラスマルイ京都店へ行った。 独立系の出版社、アタシ社から出てる『髪とアタシ』が取り扱われてて、驚いた。今、一番注目してる。合同会社アタシ社 - 合同会社アタシ社独立系出版社の良いところは、信念が見えやすく、フットワークが軽い…

昔読んだ本を覚えてないことを覚えている。

業界の先輩お二方と武蔵小山で飲んだ。場所は、安い立ち飲み屋の代名詞になりつつある晩杯屋本店。 少し遅れて着いた頃には、お二方は一、二杯飲まれていた。お一人は最近長く働いた会社を辞められた。再就職を考えられているらしいのだが、年齢が壁を作って…

得体の知れない不吉な塊

津田沼駅には千葉工大がある。 千葉工大の男女比はおよそ9:1らしい。男子校といってもいいんじゃないだろうか。男の花園化した千葉工大へやってくる女子たちと、男の子たちはどんな距離感で接するのだろう。 1割だったらかえっていない方が精神衛生上、健康…

読書をはじめるのにうってつけの日

小さい頃は家の中から出ないで1日を過ごすなんて、考えたことはなかった。今では、月の5日は室内から出ることなく過ごす。もし、ナインストーリーズを読まなかったら、今どうしてたのだろう。少なくても山形にいただろうし、今の仕事にはついてはなかったと…

青山のスパイラルで行われている、Nature Creation を観てきた

青山へ行きました。小粋に、颯爽と。 スパイラルで開催中のNature Creation を観てきた。多くのクリエーターが参加しているけど、僕のオススメはsuzukirieさん。 山形県出身の刺繍作家。 刺繍糸を使用してドローイングを描いている作品は、女の子の繊細さと…

三歳の記憶

今週のお題「一番古い記憶」祖父はまだ生きていたころ、三歳の記憶。いや、四歳だったかもしれない。 その日は、曇っていた。秋口だったように思う。田舎だったから、家の窓という窓は開け放たれて、涼しい風が家中に流れていた。 二階に階段で上がると、一…

かもめのジョナサンでランチしようよ

神楽坂へやってきた。神楽坂駅から地上に出ると、すぐにかもめブックスという本屋さんがある。昔は文鳥堂さんという本屋だった。 文鳥はやがてかもめになるんだな。 ちなみに、現在駒鳥が来鳥されている。 かもめブックス|神楽坂|本屋 かもめブックス社長…

イラストレーションを書くなら、『イラストレーション』を買おう。

季刊イラストレーションの編集部へお邪魔してきました。 担当の方はすごい二枚目でした。引け目を感じます。元々隔月で出されていた『イラストレーション』は、情報を集めるというより、特集記事を厚くする編集スタイルに変え、季刊にされたそうです。 お見…

青山ブックセンター本店で、「モノクロ絵の世界」の展示、設置しました

白と黒の世界。 果てと果ての表現。 モノクロで書かれたイラスト、アートなどの作品を集めた『モノクロ絵の世界』の発売に際して、青山ブックセンター本店で展示をします。昨日はその設置をしてきた。 寸法を間違えて、予定より大幅に遅れてしまった。まいっ…

本を売る口実を考えてみる。

本日は、日本出版社販売株式会社へ行く。 いわゆる、取次。卸問屋。又吉直樹先生の大ヒットのおかげで、出版業界は久々に良いニュースが駆け巡る。売上絶好調らしい。でも又吉のは文芸書でしょ?うちは専門書だから、そんなの関係ねー、と、叫び声があがりそ…

美術手帖を愛読してる人たちと仲良しになりたい。

美術手帖の編集部へお邪魔してきました。今年の2月くらいだっただろうか。民事再生を申請して、驚いたのは。すぐにスポーサーも見つかり、安心したのだけど、手を挙げたのがCCCだったこともあり、また驚いた。新しい住所のオフィスはちょっと小さくなったの…

夏が過ぎ、かぜあざみ、誰の憧れにさまよってるんだろう。

お盆が明けると、嘘みたいに涼しい。まもなく、雨が降るらしい。台風が来るらしい。仕事は順調なのに、本が読めない。小説を読んでないからかな。頭に入らない。感じることや考えることが、スイッチを押すみたいになってるのかもしれない。なんだろうな、こ…

ブルー、ブルー、ブルー

仕事初めに雨が降るとは、空もいい度胸してる。お盆までなんとかもってくれた、と思うべきなのかもしれない。お盆過ぎたし、雨でも降らすか、っていう感じなんだろうか。カラカラに乾いてたから、恵みの雨ですね。昔、『月曜日はいつもブルー』っていう本を…

夏の日の思い出、少年少女負けるもんか!

今週のお題「読書の夏」夏は、書を捨てよ、山へ出よ、です。海でもいいと思う。山や海へ行かないと、非リア充として中二病に感染し、永遠に患う恐れがある。今すぐ、隣の席のクラスのアイドルに話しかけて、デートに誘うべきだ。断られたら、隣のクラスのア…

愛欲の池袋で、真夏の祭典の予兆を思う

朝は電車で本を読む。今読んでるのは、『雪』。全然、のめり込めないのは、連日続く酷暑のせいだろうか、単に集中力がないからだろうか。少しでも涼しくなりたいと選んだ一冊は、ちょっと無理があったな。雪 (岩波文庫)作者: 中谷宇吉郎出版社/メーカー: 岩…